ハンズオン事前準備 (前日まで: 独自ドメインを利用する場合)

目的

Route53を利用するハンズオンに必要な、事前作業を行う。

注釈

独自ドメインの取得に別途費用がかかります。

前提

作業環境条件

本作業は、以下の作業環境で行います。

作業環境条件1: OSとバージョン

本手順は、Amazon Linux "Amazon Linux AMI release 2018.03"以降のOS環境での実施を前提としています。

コマンド:

cat /etc/issue | head -1

結果(例):

Amazon Linux AMI release 2018.03

作業環境条件2: シェルとバージョン

本手順は、bash "4.2.46(2)-release"以降のシェル環境での実施を前提としています。

コマンド:

bash --version -v | head -1

結果(例):

GNU bash, バージョン 4.2.46(2)-release (x86_64-redhat-linux-gnu)

作業環境条件3: AWS CLIのバージョン

本手順は、AWS CLIの最新バージョンでの実施を前提としています。

コマンド:

aws --version

結果(例):

aws-cli/1.16.2 Python/3.6.5 Linux/4.14.59-64.43.amzn1.x86_64 botocore/1.11.2

バージョンが古い場合は最新版に更新しましょう。

コマンド:

sudo -H pip install -U awscli

作業環境条件4: 独自ドメイン

サービスに使っていない独自ドメインが必要です。

独自ドメインを所持していない場合は、事前に独自ドメインを取得します。

  • 「さくらのドメイン」( https://www.sakura.ne.jp/domain/ )などで取得しておいてください。

    注釈

    「お名前.com」は、経験的に解約が面倒なのであまりお奨めしません。

    注釈

    ご自身で対応できるのであれば、無料のドメインサービスでも問題ありません。

    • 無料なのでサポートレベルは期待しない方が良いでしょう。

    注釈

    Route53 Domainsでのドメイン取得は、ハンズオンでは想定していません。

    • あらかじめRoute53ホストゾーンが作成されてしまうためです。

作業環境条件5: whoisコマンド

WhoisDBの更新確認にはwhoisコマンドが必要となります。

Amazon Linuxの場合、標準でwhoisコマンドがはいっていないため、本手順ではjwhoisコマンドを利用します。

注釈

jwhoisコマンドは、.mlなどのマイナーなドメインの場合、パラメータでWhoisホストを指定する必要があるようです。

コマンド:

sudo yum install jwhois -y

結果(例):

(yet)

コマンド:

which whois

結果(例):

/usr/bin/whois

手順

ローカル環境での作業

  • 今回は"${HOME}/tmp/parameter-handson-cli"をパラメータファイル情報用ディレクトリとします。

ディレクトリが存在することを確認します。

コマンド:

ls -d ${HOME}/tmp/parameter-handson-cli

結果(例:存在する場合):

${HOME}/tmp/parameter-handson-cli

存在しない場合は作成します。

コマンド:

mkdir -p ${HOME}/tmp/parameter-handson-cli

備考