ハンズオン(簡易版): CFnテンプレート入門(SNS::Topic)

3. CloudFormationスタックの作成 (handson-cli-cfn-sns-Topic-stack)

手順の目的 [why]

CloudFormationスタック"handson-cli-cfn-sns-Topic-stack"を作成します。

設定値の指定

設定値の指定

手順に必要な設定値を変数に格納をします。

0. リージョンの指定

リージョンを指定します。

環境変数の設定:

export AWS_DEFAULT_REGION='ap-northeast-1'

1. CloudFormationスタック名

CloudFormationスタック名を指定します。

変数の設定:

CLOUDFORMATION_STACK_NAME='handson-cli-cfn-sns-Topic-stack'

2. テンプレートファイル名

CloudFormationテンプレート用ディレクトリを指定します。

変数の設定:

DIR_CLOUDFORMATION_TEMPLATE="${HOME}/environment/conf-handson-cli-cfn-sns-Topic"

CloudFormationテンプレート名を指定します。

変数の設定:

CLOUDFORMATION_TEMPLATE_NAME='handson-cli-cfn-sns-Topic'

変数の設定:

FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE="${DIR_CLOUDFORMATION_TEMPLATE}/${CLOUDFORMATION_TEMPLATE_NAME}.template" \
  && echo ${FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE}

結果(例):

${HOME}/environment/conf-handson-cli-cfn-sns-Topic/handson-cli-cfn-sns-Topic.template

設定値の確認

各変数に正しい設定値が格納されていることを確認しながら保存します。

変数の確認:

cat << END

  # 0. AWS_DEFAULT_REGION:"ap-northeast-1"
       AWS_DEFAULT_REGION="${AWS_DEFAULT_REGION}"

  # 1. CLOUDFORMATION_STACK_NAME:"handson-cli-cfn-sns-Topic-stack"
       CLOUDFORMATION_STACK_NAME="${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}"
  # 2. FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE:"${HOME}/environment/conf-handson-cli-cfn-sns-Topic/handson-cli-cfn-sns-Topic.template"
       FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE="${FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE}"

END

下段の変数が入っていない、もしくは上段と同等の値が入っていない場合は、それぞれの手順番号に戻って変数の設定を行います。

処理の実行

CloudFormationスタックを作成します。

変数の確認:

cat << END

  # CLOUDFORMATION_STACK_NAME:"handson-cli-cfn-sns-Topic-stack"
    CLOUDFORMATION_STACK_NAME="${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}"
  # FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE:"${HOME}/environment/conf-handson-cli-cfn-sns-Topic/handson-cli-cfn-sns-Topic.template"
    FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE="${FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE}"

END

コマンド:

aws cloudformation create-stack \
  --stack-name ${CLOUDFORMATION_STACK_NAME} \
  --template-body file://${FILE_CLOUDFORMATION_TEMPLATE}

結果(例):

{
  "StackId": "arn:aws:cloudformation:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:stack/handson-cli-cfn-sns-Topic-stack/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"
}

完了確認

「CloudFormationスタック"handson-cli-cfn-sns-Topic-stack"が存在する。」ことを確認します。

コマンド:

aws cloudformation list-stacks \
  --query "StackSummaries[? \
    StackName == \`${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}\` \
      && StackStatus != \`DELETE_COMPLETE\` \
    ].StackName" \
  --output text

結果(例):

handson-cli-cfn-sns-Topic-stack

スタックIDを取得します。

コマンド:

CLOUDFORMATION_STACK_ID=$( \
  aws cloudformation list-stacks \
    --query "StackSummaries[? \
      StackName == \`${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}\` \
        && StackStatus != \`DELETE_COMPLETE\` \
      ].StackId" \
    --output text \
) \
  && echo ${CLOUDFORMATION_STACK_ID}

結果(例):

arn:aws:cloudformation:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:stack/handson-cli-cfn-sns-Topic-stack/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

「CloudFormationスタック"handson-cli-cfn-sns-Topic-stack"のステータスが"CREATE_COMPLETE"になっている。」ことを確認します。

コマンド:

CLOUDFORMATION_STACK_STATUS=$(\
  aws cloudformation list-stacks \
    --query "StackSummaries[? \
      StackName == \`${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}\` \
        && StackStatus != \`DELETE_COMPLETE\` \
      ].StackStatus" \
    --output text \
) \
  && echo ${CLOUDFORMATION_STACK_STATUS}

結果(例):

CREATE_COMPLETE

注釈

ステータスがROLLBUCKになった場合は、イベントを確認して原因を特定します。

コマンド:

aws cloudformation describe-stack-events \
  --stack-name ${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}

結果(例):

(省略)

手順の完了

(参考) マネジメントコンソールの確認

  • CloudFormationダッシュボード( https://console.aws.amazon.com/cloudformation/home)にアクセスします。

  • 右上のリージョンメニューから"東京"を選択します。

  • 左ハンバーガーメニューをクリックします。

    • 左ペインが表示されます。

  • 左ペインの"スタック"をクリックします。

スタック一覧(画面)

  • 検索欄にスタック名"handson-cli-cfn-sns-Topic-stack"を入力し、エンターキーを押します。

  • スタック名"handson-cli-cfn-sns-Topic-stack"が表示されていることを確認します。

  • スタック名"handson-cli-cfn-sns-Topic-stack"のステータスが'CREATE_COMPLETE'であることを確認します。