ハンズオン(簡易版): Cloud9 (AWS CLI環境)入門 CloudFormation版

事前作業1.2. CloudFormationスタックの作成 (CloudShell: CAPABILITY_NAMED_IAM: handson-cloud9)

手順の目的

CloudFormationスタック"handson-cloud9"を作成します。

設定値の指定

設定値の指定

手順に必要な設定値を変数に格納をします。

0. リージョンの指定

リージョンを指定します。

環境変数の設定:

export AWS_DEFAULT_REGION='ap-northeast-1'

1. CloudFormationスタック名

CloudFormationスタック名を指定します。

変数の設定:

CLOUDFORMATION_STACK_NAME='handson-cloud9'

2. テンプレートURL

CloudFormationテンプレートのURLを指定します。

変数の設定:

CLOUDFORMATION_TEMPLATE_URL='http://prototype-handson-cli.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/template-cloudformation/handson/_downloads/a61d900acf11def0461ab263dfa8ab20/handson-cloud9.template'

設定値の確認

各変数に正しい設定値が格納されていることを確認します。

変数の確認:

cat << END

  # 0. AWS_DEFAULT_REGION:"ap-northeast-1"
       AWS_DEFAULT_REGION="${AWS_DEFAULT_REGION}"

  # 1. CLOUDFORMATION_STACK_NAME:"handson-cloud9"
       CLOUDFORMATION_STACK_NAME="${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}"
  # 2. CLOUDFORMATION_TEMPLATE_URL:"http://prototype-handson-cli.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/template-cloudformation/handson/_downloads/a61d900acf11def0461ab263dfa8ab20/handson-cloud9.template"
       CLOUDFORMATION_TEMPLATE_URL="${CLOUDFORMATION_TEMPLATE_URL}"

END

下段の変数が入っていない、もしくは上段と同等の値が入っていない場合は、それぞれの手順番号に戻って変数の設定を行います。

処理の実行

CloudFormationスタックを作成します。

変数の確認:

cat << END

  # CLOUDFORMATION_STACK_NAME:"handson-cloud9"
    CLOUDFORMATION_STACK_NAME="${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}"
  # CLOUDFORMATION_TEMPLATE_URL:"http://prototype-handson-cli.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/template-cloudformation/handson/_downloads/a61d900acf11def0461ab263dfa8ab20/handson-cloud9.template"
    CLOUDFORMATION_TEMPLATE_URL="${CLOUDFORMATION_TEMPLATE_URL}"

END

コマンド:

aws cloudformation create-stack \
  --stack-name "${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}" \
  --template-url ${CLOUDFORMATION_TEMPLATE_URL} \
  --capabilities 'CAPABILITY_NAMED_IAM'

結果(例):

{
  "StackId": "arn:aws:cloudformation:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:stack/handson-cloud9/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"
}

完了確認

「CloudFormationスタック"handson-cloud9"が存在する。」ことを確認します。

コマンド:

aws cloudformation list-stacks \
  --query "StackSummaries[? \
    StackName == \`${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}\` \
      && StackStatus != \`DELETE_COMPLETE\` \
    ].StackName" \
  --output text

結果(例):

handson-cloud9

スタックIDを取得します。

コマンド:

cloudformation_stack_id=$( \
  aws cloudformation list-stacks \
    --query "StackSummaries[? \
      StackName == \`${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}\` \
        && StackStatus != \`DELETE_COMPLETE\` \
      ].StackId" \
    --output text \
) \
  && echo ${cloudformation_stack_id}

結果(例):

arn:aws:cloudformation:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:stack/handson-cloud9/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

「CloudFormationスタック"handson-cloud9"のステータスが"CREATE_COMPLETE"になっている。」ことを確認します。

コマンド:

CLOUDFORMATION_STACK_STATUS=$(\
  aws cloudformation list-stacks \
    --query "StackSummaries[? \
      StackName == \`${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}\` \
        && StackStatus != \`DELETE_COMPLETE\` \
      ].StackStatus" \
    --output text \
) \
  && echo ${CLOUDFORMATION_STACK_STATUS}

結果(例):

CREATE_COMPLETE

注釈

ステータスがROLLBUCKになった場合は、イベントを確認して原因を特定します。

コマンド:

aws cloudformation describe-stack-events \
  --stack-name ${CLOUDFORMATION_STACK_NAME}

結果(例):

(省略)

手順の完了

(参考) マネジメントコンソールの確認

  • CloudFormationダッシュボード( https://console.aws.amazon.com/cloudformation/home)にアクセスします。

  • 右上のリージョンメニューから"東京"を選択します。

  • 左ハンバーガーメニューをクリックします。

    • 左ペインが表示されます。

  • 左ペインの"スタック"をクリックします。

スタック一覧(画面)

  • 検索欄にスタック名"handson-cloud9"を入力し、エンターキーを押します。

  • スタック名"handson-cloud9"が表示されていることを確認します。

  • スタック名"handson-cloud9"のステータスが'CREATE_COMPLETE'であることを確認します。