ハンズオン(簡易版): VPC入門

1.4. ルートテーブルの作成 (handson-cli-ec2-routetable)

目的

ルートテーブル"handson-cli-ec2-routetable"を作成します。

パラメータの指定

作業に必要なパラメータを変数に格納をします。

0. リージョンの指定

リージョンを指定します。

変数の設定

export AWS_DEFAULT_REGION='ap-northeast-1'

1. VPCのタグ名

VPCのタグ名の指定します。

変数の設定:

EC2_VPC_TAG_NAME='handson-cli-ec2-vpc'

2. ルートテーブルのタグ名

ルートテーブルのタグ名の指定します。

ルートテーブルのタグ名を指定します。

変数の設定:

EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME='handson-cli-ec2-routetable'

3. 一時ファイルディレクトリ

一時ファイルディレクトリを指定します。

変数の設定:

DIR_TMP="${HOME}/environment/tmp-handson-cli-ec2"

ディレクトリが存在することを確認します。

コマンド:

ls -d ${HOME}/environment/tmp-handson-cli-ec2

結果(例:存在する場合):

${HOME}/environment/tmp-handson-cli-ec2

ディレクトリが存在しない場合は作成します。

コマンド:

mkdir -p ${HOME}/environment/tmp-handson-cli-ec2

4. 一時ファイル名

一時ファイル名を指定します。

一時ファイル名を指定します。

変数の設定:

FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE="${DIR_TMP}/$(date +%Y-%m-%d)-route_table-${EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME}-${AWS_DEFAULT_REGION}.json" \
  && echo ${FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE}

結果(例):

${HOME}/environment/tmp-handson-cli-ec2/2020-06-09-route_table-handson-cli-ec2-routetable-ap-northeast-1.json

各変数に正しいパラメータ値が格納されていることを確認します。

変数の確認:

cat << END

  # 0. AWS_DEFAULT_REGION:"ap-northeast-1"
       AWS_DEFAULT_REGION="${AWS_DEFAULT_REGION}"

  # 1. EC2_VPC_TAG_NAME:"handson-cli-ec2-vpc"
       EC2_VPC_TAG_NAME="${EC2_VPC_TAG_NAME}"
  # 2. EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME:"handson-cli-ec2-routetable"
       EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME="${EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME}"
  # 3. DIR_TMP:"${HOME}/environment/tmp-handson-cli-ec2"
       DIR_TMP="${DIR_TMP}"
  # 4. FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE:"${HOME}/environment/tmp-handson-cli-ec2/2020-06-09-route_table-handson-cli-ec2-routetable-ap-northeast-1.json"
       FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE="${FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE}"

END

手順

VPC IDを取得します。

コマンド:

EC2_VPC_ID=$( \
  aws ec2 describe-vpcs \
    --filters Name=tag:Name,Values=${EC2_VPC_TAG_NAME}  \
    --query 'Vpcs[].VpcId' \
    --output text \
) \
  && echo ${EC2_VPC_ID}

結果(例):

vpc-xxxxxxxxxxxxxxxxx

ルートテーブルを作成します。

変数の確認:

cat << ETX

  # EC2_VPC_ID:"vpc-xxxxxxxxxxxxxxxxx"
    EC2_VPC_ID="${EC2_VPC_ID}"
  # FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE:"${HOME}/environment/tmp-handson-cli-ec2/2020-06-09-route_table-handson-cli-ec2-routetable-ap-northeast-1.json"
    FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE="${FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE}"

ETX

コマンド:

aws ec2 create-route-table \
  --vpc-id ${EC2_VPC_ID} \
  > ${FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE}

cat ${FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE}

結果(例):

{
  "RouteTable": {
    "Associations": [],
    "PropagatingVgws": [],
    "RouteTableId": "rtb-xxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "VpcId": "vpc-xxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "Tags": [],
    "OwnerId": "XXXXXXXXXXXX",
    "Routes": [
        {
            "GatewayId": "local",
            "DestinationCidrBlock": "10.0.0.0/16",
            "State": "active",
            "Origin": "CreateRouteTable"
        }
    ]
  }
}

ルートテーブルIDの取得

ルートテーブルIDを取得します。

コマンド:

EC2_ROUTE_TABLE_ID=$( \
  cat ${FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE} \
    | jp.py "RouteTable.RouteTableId" \
    | sed 's/\"//g' \
) \
  && echo ${EC2_ROUTE_TABLE_ID}

結果(例):

rtb-xxxxxxxxxxxxxxxxx

タグ情報の設定

タグの対象となるリソースの識別子を指定します。

変数の設定:

EC2_RESOURCE_ID=${EC2_ROUTE_TABLE_ID} \
  && echo ${EC2_RESOURCE_ID}

結果(例):

rtb-xxxxxxxxxxxxxxxxx

タグキーを指定します。

変数の設定:

EC2_TAG_KEY='Name'

タグ値を指定します。

変数の設定:

EC2_TAG_VALUE=${EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME} \
  && echo ${EC2_TAG_VALUE}

結果(例):

handson-cli-ec2-routetable

タグを作成します。

変数の確認:

cat << ETX

  # EC2_RESOURCE_ID:"rtb-xxxxxxxxxxxxxxxxx"
    EC2_RESOURCE_ID="${EC2_RESOURCE_ID}"
  # EC2_TAG_KEY:"Name"
    EC2_TAG_KEY="${EC2_TAG_KEY}"
  # EC2_TAG_VALUE:"handson-cli-ec2-routetable"
    EC2_TAG_VALUE="${EC2_TAG_VALUE}"

ETX

コマンド:

aws ec2 create-tags \
  --resources ${EC2_RESOURCE_ID} \
  --tags "Key=${EC2_TAG_KEY},Value=${EC2_TAG_VALUE}"

結果(例):

(出力なし)

完了確認

「VPC"handson-cli-ec2-vpc"にルートテーブル"handson-cli-ec2-routetable"が存在する。」ことを確認します。

コマンド:

aws ec2 describe-route-tables \
  --filters Name=vpc-id,Values=${EC2_VPC_ID} \
            Name=tag:Name,Values=${EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME}  \
  --query "RouteTables[].Tags[?Key == \`Name\`].Value" \
  --output text

結果(例):

handson-cli-ec2-routetable

一時ファイルを削除します。

コマンド:

rm ${FILE_TMP_EC2_ROUTE_TABLE}

結果:

(出力なし)