ハンズオン(簡易版): VPC入門

後始末1.3. ルートテーブルの更新 (handson-cli-ec2-subnet-alpha-publicとの関連解除)

目的

ルートテーブル"handson-cli-ec2-routetable"をサブネット"handson-cli-ec2-subnet-alpha-public"から関連解除します。

パラメータの指定

作業に必要なパラメータを変数に格納をします。

0. リージョンの指定

リージョンを指定します。

変数の設定

export AWS_DEFAULT_REGION='ap-northeast-1'

0.1. VPCのタグ名

VPCのタグ名を指定します。

変数の設定:

EC2_VPC_TAG_NAME='handson-cli-ec2-vpc'

0.2. ルートテーブルのタグ名

ルートテーブルのタグ名を指定します。

ルートテーブルのタグ名を指定します。

変数の設定:

EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME='handson-cli-ec2-routetable'

0.3. サブネットのタグ名

サブネットのタグ名を指定します。

サブネットのタグ名を指定します。

変数の設定:

EC2_SUBNET_TAG_NAME='handson-cli-ec2-subnet-alpha-public'

各変数に正しいパラメータ値が格納されていることを確認します。

変数の確認:

cat << END

  # 0.0. AWS_DEFAULT_REGION:"ap-northeast-1"
         AWS_DEFAULT_REGION="${AWS_DEFAULT_REGION}"

  # 0.1. EC2_VPC_TAG_NAME:"handson-cli-ec2-vpc"
         EC2_VPC_TAG_NAME="${EC2_VPC_TAG_NAME}"
  # 0.2. EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME:"handson-cli-ec2-routetable"
         EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME="${EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME}"
  # 0.3. EC2_SUBNET_TAG_NAME:"handson-cli-ec2-subnet-alpha-public"
         EC2_SUBNET_TAG_NAME="${EC2_SUBNET_TAG_NAME}"

END

手順

VPC IDを取得します。

コマンド:

EC2_VPC_ID=$( \
  aws ec2 describe-vpcs \
    --filters Name=tag:Name,Values=${EC2_VPC_TAG_NAME}  \
    --query 'Vpcs[].VpcId' \
    --output text \
) \
  && echo ${EC2_VPC_ID}

結果(例):

vpc-xxxxxxxxxxxxxxxxx

ルートテーブルIDを取得します。

コマンド:

EC2_ROUTE_TABLE_ID=$( \
  aws ec2 describe-route-tables \
    --filters Name=vpc-id,Values=${EC2_VPC_ID} \
              Name=tag:Name,Values=${EC2_ROUTE_TABLE_TAG_NAME}  \
    --query "RouteTables[].RouteTableId" \
    --output text \
) \
  && echo ${EC2_ROUTE_TABLE_ID}

結果(例):

rtb-xxxxxxxxxxxxxxxxx

サブネットIDを取得します。

コマンド:

EC2_SUBNET_ID=$( \
  aws ec2 describe-subnets \
    --filters Name=vpc-id,Values=${EC2_VPC_ID} \
              Name=tag:Name,Values=${EC2_SUBNET_TAG_NAME}  \
    --query "Subnets[].SubnetId" \
    --output text \
) \
  && echo ${EC2_SUBNET_ID}

結果(例):

subnet-xxxxxxxxxxxxxxxxx

ルートテーブルIDを配列にして変数に格納します。

変数の設定:

ARRAY_EC2_ROUTE_TABLE_IDS="${EC2_ROUTE_TABLE_ID}" \
  && echo ${ARRAY_EC2_ROUTE_TABLE_IDS}

結果(例):

rtb-xxxxxxxxxxxxxxxxx

ルートテーブル アソシエイトIDを取得します。

コマンド:

EC2_ROUTE_TABLE_ASSOCIATION_ID=$( \
  aws ec2 describe-route-tables \
    --route-table-ids ${ARRAY_EC2_ROUTE_TABLE_IDS} \
    --query "RouteTables[].Associations[?SubnetId == \`${EC2_SUBNET_ID}\`].RouteTableAssociationId" \
    --output text \
) \
  && echo ${EC2_ROUTE_TABLE_ASSOCIATION_ID}

結果(例):

rtbassoc-xxxxxxxxxxxxxxxxx

ルートテーブルとサブネットの関連付けを解除します。

変数の確認:

cat << ETX

  # EC2_ROUTE_TABLE_ASSOCIATION_ID:"rtbassoc-xxxxxxxxxxxxxxxxx"
    EC2_ROUTE_TABLE_ASSOCIATION_ID="${EC2_ROUTE_TABLE_ASSOCIATION_ID}"

ETX

コマンド:

aws ec2 disassociate-route-table \
  --association-id ${EC2_ROUTE_TABLE_ASSOCIATION_ID}

結果(例):

(出力なし)

完了確認

「ルートテーブル"handson-cli-ec2-routetable"がサブネット"handson-cli-ec2-subnet-alpha-public"と関連付いていない。」ことを確認します。

コマンド:

aws ec2 describe-route-tables \
  --route-table-ids ${ARRAY_EC2_ROUTE_TABLE_IDS} \
  --query "RouteTables[].Associations[?SubnetId == \`${EC2_SUBNET_ID}\`].RouteTableAssociationId" \
  --output text

結果(例):

(出力なし)