ハンズオン(簡易版): CloudWatch Logs入門

3.1. CloudWatch Logsログイベントの作成 (最初: handson-cli-logs-novice-group)

手順の目的 [why]

CloudWatch Logsロググループ"handson-cli-logs-novice-group"を作成します。

設定値の指定

設定値の指定

手順に必要な設定値を変数に格納をします。

0. リージョンの指定

リージョンを指定します。

環境変数の設定:

export AWS_DEFAULT_REGION='ap-northeast-1'

1. CloudWatch Logsロググループ名

CloudWatch Logsロググループ名を指定します。

変数の設定:

LOGS_GROUP_NAME='handson-cli-logs-novice-group'

2. CloudWatch Logsストリーム名

CloudWatch Logsストリーム名を指定します。

変数の設定:

LOGS_STREAM_NAME='handson-cli-logs-novice-stream'

3. CloudWatch Logsログイベントのメッセージ

CloudWatch Logsログイベントのメッセージを指定します。

変数の設定:

LOGS_EVENT_MESSAGE='event novice 1.'

設定値の確認

各変数に正しい設定値が格納されていることを確認しながら保存します。

変数の確認:

cat << END

  # 0. AWS_DEFAULT_REGION:"ap-northeast-1"
       AWS_DEFAULT_REGION="${AWS_DEFAULT_REGION}"

  # 1. LOGS_GROUP_NAME:"handson-cli-logs-novice-group"
       LOGS_GROUP_NAME="${LOGS_GROUP_NAME}"
  # 2. LOGS_STREAM_NAME:"handson-cli-logs-novice-stream"
       LOGS_STREAM_NAME="${LOGS_STREAM_NAME}"
  # 3. LOGS_EVENT_MESSAGE:"event novice 1."
       LOGS_EVENT_MESSAGE="${LOGS_EVENT_MESSAGE}"

END

下段の変数が入っていない、もしくは上段と同等の値が入っていない場合は、それぞれの手順番号に戻って変数の設定を行います。

処理の実行

ログイベント文字列を生成します。

変数の設定:

LOGS_EVENTS="timestamp=$(date +%s)000,message=\"${LOGS_EVENT_MESSAGE}\"" \
  && echo ${LOGS_EVENTS}

結果(例):

timestamp=1xxxxxxxxx000,message="event novice 1."

CloudWatch Logsログストリームで最初のイベントを作成します。

変数の確認:

cat << END

  # LOGS_GROUP_NAME:"handson-cli-logs-novice-group"
    LOGS_GROUP_NAME="${LOGS_GROUP_NAME}"
  # LOGS_STREAM_NAME:"handson-cli-logs-novice-stream"
    LOGS_STREAM_NAME="${LOGS_STREAM_NAME}"
  # LOGS_EVENTS:"timestamp=1xxxxxxxxx000,message="event novice 1.""
    LOGS_EVENTS="${LOGS_EVENTS}"

END

コマンド:

aws logs put-log-events \
  --log-group-name ${LOGS_GROUP_NAME} \
  --log-stream-name ${LOGS_STREAM_NAME} \
  --log-events "${LOGS_EVENTS}"

結果(例):

{
  "nextSequenceToken": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
}

完了確認

「CloudWatch Logsロググループ"handson-cli-logs-novice-group"に属するログストリーム"handson-cli-logs-novice-stream"にログイベントが存在する。」ことを確認します。

コマンド:

aws logs get-log-events \
  --log-group-name ${LOGS_GROUP_NAME} \
  --log-stream-name ${LOGS_STREAM_NAME} \
  --query 'length(events[])'

結果(例):

1

手順の完了