ハンズオン(簡易版): SNS入門

後始末1. SNSトピックの購読中止 (handson-cli-sns-novice-topic)

手順の目的 [why]

SNSトピック"handson-cli-sns-novice-topic"の購読を中止します。

設定値の指定

設定値の指定

手順に必要な設定値を変数に格納をします。

0. リージョンの指定

リージョンを指定します。

環境変数の設定:

export AWS_DEFAULT_REGION='ap-northeast-1'

1. SNSトピック名

SNSトピック名を指定します。

変数の設定:

SNS_TOPIC_NAME='handson-cli-sns-novice-topic'

2. SNS通知プロトコル名

SNS通知プロトコル名を指定します。

変数の設定:

SNS_SUBSCRIPTION_PROTOCOL='email'

3. 通知先エンドポイント

一時ファイルを指定します。

変数の設定:

DIR_TMP="${HOME}/environment/tmp-handson-cli-sns-novice"

変数の設定:

FILE_TMP="${DIR_TMP}/mail_address.tmp" \
  && echo ${FILE_TMP}

結果(例):

${HOME}/environment/tmp-handson-cli-sns-novice/mail_address.tmp

一時ファイルをsourceコマンドで読み込みます。

コマンド:

source ${FILE_TMP}

通知先エンドポイントを指定します。

変数の設定:

SNS_SUBSCRIPTION_ENDPOINT="${MAIL_ADDRESS}" \
  && echo ${SNS_SUBSCRIPTION_ENDPOINT}

結果(例):

<通知先メールアドレス>

設定値の確認

各変数に正しい設定値が格納されていることを確認しながら保存します。

変数の確認:

cat << END

  # 0. AWS_DEFAULT_REGION:"ap-northeast-1"
       AWS_DEFAULT_REGION="${AWS_DEFAULT_REGION}"

  # 1. SNS_TOPIC_NAME:"handson-cli-sns-novice-topic"
       SNS_TOPIC_NAME="${SNS_TOPIC_NAME}"
  # 2. SNS_SUBSCRIPTION_PROTOCOL:"email"
       SNS_SUBSCRIPTION_PROTOCOL="${SNS_SUBSCRIPTION_PROTOCOL}"
  # 3. SNS_SUBSCRIPTION_ENDPOINT:"<通知先メールアドレス>"
       SNS_SUBSCRIPTION_ENDPOINT="${SNS_SUBSCRIPTION_ENDPOINT}"

END

下段の変数が入っていない、もしくは上段と同等の値が入っていない場合は、それぞれの手順番号に戻って変数の設定を行います。

処理の実行

SNSトピックのARNを取得します。

変数の設定:

SNS_TOPIC_ARN=$( \
  aws sns list-topics \
    --query "Topics[?contains(TopicArn, \`${SNS_TOPIC_NAME}\`)].TopicArn" \
    --output text \
) \
  && echo ${SNS_TOPIC_ARN}

結果(例):

arn:aws:sns:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:handson-cli-sns-novice-topic

SNSサブスクリプションのARNを取得します。

変数の設定:

SNS_SUBSCRIPTION_ARN=$( \
  aws sns list-subscriptions-by-topic \
    --topic-arn ${SNS_TOPIC_ARN} \
    --query "Subscriptions[?Endpoint == \`${SNS_SUBSCRIPTION_ENDPOINT}\`].SubscriptionArn" \
    --output text \
) \
  && echo ${SNS_SUBSCRIPTION_ARN}

結果(例):

arn:aws:sns:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:handson-cli-sns-novice-topic:xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

SNSトピックの購読を中止します。

変数の確認:

cat << END

  # SNS_SUBSCRIPTION_ARN:"arn:aws:sns:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:handson-cli-sns-novice-topic:xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"
    SNS_SUBSCRIPTION_ARN="${SNS_SUBSCRIPTION_ARN}"

END

コマンド:

aws sns unsubscribe \
  --subscription-arn ${SNS_SUBSCRIPTION_ARN}

結果(例):

(出力なし)

完了確認

「SNSトピック"handson-cli-sns-novice-topic"にエンドポイント"<通知先メールアドレス>"(email)が登録されていない。」ことを確認します。

コマンド:

aws sns list-subscriptions-by-topic \
  --topic-arn ${SNS_TOPIC_ARN} \
  --query "Subscriptions[?Endpoint == \`${SNS_SUBSCRIPTION_ENDPOINT}\`].Endpoint" \
  --output text

結果(例):

(出力なし)

手順の完了

(参考) マネジメントコンソールの確認

  • SNSダッシュボード( https://console.aws.amazon.com/sns/home )にアクセスします。

  • 右上のリージョンメニューから"東京 "を選択します。

  • 左ペインの"サブスクリプション"をクリックします。

サブスクリプション一覧(画面)

  • 検索欄にトピック名"handson-cli-sns-novice-topic"を入力します。

  • エンドポイント名"<通知先メールアドレス>"が存在しないことを確認します。