ハンズオン(簡易版): S3入門 - ハイレベルコマンド活用

ハンズオン(簡易版): S3入門 - ハイレベルコマンド活用

作成者

波田野 裕一

公開日

2020-05-25

目的

S3ハイレベルコマンドを利用して、S3の基本要素を操作します。

前提

作業権限条件

本作業は、以下の作業権限を有する「IAMユーザー」もしくは「IAMロールが付与された環境(Cloud9などを含むEC2環境)で行います。

作業権限条件: 必要なIAMポリシー

  • AmazonS3FullAccess

作業環境条件

注釈

本手順は、Cloud9環境での実施を推奨します。

本作業は、以下の作業環境で行います。

作業環境条件1: OSとバージョン

本手順は、Amazon Linux "2018.03"以降のOS環境での実施を前提としています。

コマンド:

cat /etc/system-release

結果(例):

Amazon Linux AMI release 2018.03

作業環境条件2: シェルとバージョン

本手順は、bash "4.2.46(2)-release"以降のシェル環境での実施を前提としています。

コマンド:

bash --version -v \
  | head -1

結果(例):

GNU bash, バージョン 4.2.46(2)-release (x86_64-redhat-linux-gnu)

作業環境条件3: AWS CLIのバージョン

本手順は、AWS CLIのバージョン"1.18.50"以降での実施を前提としています。

コマンド:

aws --version

結果(例):

aws-cli/1.18.50 Python/3.6.10 Linux/4.14.173-106.229.amzn1.x86_64 botocore/1.16.0

構成

本手順書で構築するAWSリソースの構成は以下の図のようになります。

_images/handson-highlevel.png

手順

注釈

CLIハンズオンの実施方法や効果的に行うためのポイントについては、CLIハンズオンガイドをご参照ください。

1. S3バケットの構築

2. S3オブジェクトの操作

4. webサイトホスティングの設定

5. 署名付きURLの利用

アンケート

今後の参考にするため、本手順についてご意見・コメントをお願いします。

注釈

  • 必須項目はありません。お気軽にご回答ください。

  • 内容が違えばお一人何回回答していただいても問題ありません。

  • はまりどころや誤字・脱字などの修正のご指摘もお待ちしています。

注釈

このアンケートシステムはS3 + Cognitoで構築しています。

後始末

後始末1. S3バケットの破棄

後始末2. ハンズオン用ディレクトリの削除

備考

(特になし)